五島から2次離島にドローンで生活用品など配送開始

五島市で、2次離島の嵯峨島に食品や生活用品をドローンで送り届けるサービスが26日から始まりました。

五島市の2次離島、嵯峨島はおよそ100人が暮らす高齢化率の高い島で、生活用品を販売する商店が1軒ありますがことしいっぱいで閉店する予定です。

このため、五島市でドローンを使った配送を行っている企業が市内のスーパーから食品や生活用品をドローンで送り届けることになり、26日から配送を開始しました。

配送は週に3回、一日に4便体制で行われ、時速100キロの速さで飛行し、目的地の上空に着くとパラシュートが付いた商品入りの箱を落とし再び同じルートを飛行して戻ります。

片道およそ50キロの飛行ルートを、30分ほどで配送されるということです。

商品を受け取った吉田武雄さんは「島の店がなくなったら不自由になるのでいいと思います」と話していました。

「そらいいな株式会社」の松山ミッシェル実香社長は「今後は、薬や日用品以外にもさまざまなニーズに応えて、多くの方々にとって利便性の高い配送サービスにしていきたいと考えている」と話していました。