西九州新幹線の開業を記念 ブルーインパルスが展示飛行

西九州新幹線の開業を記念して、23日午後1時半すぎ、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が、JR長崎駅上空で展示飛行を行いました。

悪天候の影響で、当初の予定よりも演目は少なくなりましたが、6つの機体は、隊形を組みかえながら上空に三角形や星形を描いていきました。

あいにくの雨模様の中、駅周辺には多くの人が詰めかけ、展示飛行が始まると、空を見上げて「わー」と歓声をあげながら楽しんでいました。

展示飛行を見るために、熊本県から家族で来た8歳の男の子は「十字になってバランスをとっていた隊形が、いちばんすごかったです。また見てみたいです」と話していました。

また、長崎市の女性は「初めてブルーインパルスを見ました。すごくかっこよかったです」と話していました。