新幹線開業の展示飛行前に ブルーインパルスが予行演習

航空自衛隊のアクロバット飛行チーム、ブルーインパルスが23日の西九州新幹線開業に合わせた展示飛行を前に、長崎市で予行演習を行いました。

長崎と佐賀県の武雄温泉間の、およそ66キロを結ぶ西九州新幹線は23日開業します。

23日は、開業を記念し航空自衛隊のアクロバット飛行チーム、ブルーインパルスの展示飛行が、長崎市の上空で行われる予定で、22日は予行演習が行われました。

秋空で薄雲が広がるなか、ブルーインパルスの6つの機体は隊列を巧みに組み替えながら白いスモークを出し、空のキャンバスに円やハートの形を描いていました。

長崎駅周辺では道行く人も足を止めて空を見上げ、予行演習の様子を眺めたり、スマートフォンで撮影したりして楽しんでいました。

ブルーインパルスの展示飛行は、23日午後1時半からおよそ20分間、西九州新幹線の発着駅となるJR長崎駅の上空を中心に行われます。