佐世保市 交通安全協会の会長が道路横断中 車にはねられ死亡

佐世保市の県道で80代の男性が徒歩で横断していたところ、走ってきた乗用車にはねられ、死亡しました。
男性は交通安全協会の会長を務め、警察によりますと、道路脇に取り付けた交通安全ののぼり旗の点検などを行い、自分の車に戻ろうとしていたところをはねられたとみられています。

21日午前10時半ごろ、佐世保市吉井町前岳の県道で、徒歩で横断していた佐世保市吉井町直谷杉本和紀さん(81)が走っていた乗用車にはねられ、頭などを強く打って病院に搬送されましたが、およそ2時間半後に死亡が確認されました。

杉本さんは江迎地区の交通安全協会の会長を務め、警察によりますと、21日から始まった全国交通安全運動にあわせて、道路脇に取り付けた交通安全ののぼり旗の点検などを行い、道路をはさんだ駐車スペースに止めていた自分の車に戻ろうとしていたところをはねられたとみられています。

現場は片側1車線の見通しの良いゆるやかな上り坂で、警察は乗用車の運転手から事情を聞くなどして事故の原因を調べています。