台風14号18日夜から長崎県に最接近 特別警報の可能性

大型で猛烈な台風14号は、18日夜遅くから19日昼前にかけて長崎県に最も接近する見込みです。
気象台は、これまでに経験したことのないような記録的な暴風、高波、高潮のおそれがあり、18日明け方以降に長崎県に暴風や高潮の特別警報を出す可能性があるとしています。

気象庁によりますと、大型で猛烈な台風14号は、17日午後6時には沖縄県の南大東島の北東180キロの海上を、1時間に20キロの速さで北西へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は910ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルで、猛烈な勢力を維持したまま日本の南を北西に進み、19日には進路を北から北東に変えて、18日夜遅くから19日昼前にかけて長崎県に最も接近する見込みです。

台風が予報円の中心付近を進むと、県内は18日夕方には風速25メートル以上の暴風域に入るところがある見込みで、このため、18日昼過ぎから19日にかけて非常に強い風や猛烈な風が吹き、うねりを伴った大しけとなるおそれがあります。

18日予想される最大風速は、南部と北部の海上で40メートル、陸上と五島の海上で30メートル、壱岐・対馬の海上で25メートル、最大瞬間風速は南部と北部の海上で60メートル、陸上と五島の海上で45メートル、壱岐・対馬の海上で35メートルと予想されています。

さらに、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。

気象台は、18日午前中から19日にかけては、発達した雨雲が次々と連なる線状降水帯が、九州北部地方に発生して災害の危険度が急激に高まる可能性があるとしています。

18日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで南部と北部で150ミリ、壱岐・対馬と五島で120ミリと予想されています。

気象台は、これまでに経験したことのないような記録的な暴風、高波、高潮のおそれがあり、18日明け方以降に、長崎県に暴風や高潮の特別警報を出す可能性があるとして、最大級の警戒を呼びかけるとともに、暗くなる前や暴風が吹く前までに避難を終えるよう呼びかけています。