長崎県 新型コロナ 4人死亡 新たに1603人感染

県内では3日、あわせて1603人が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたと発表されました。
また、感染者4人の死亡が発表されました。

3日、県内で発表された新規感染者は1603人で、先週の土曜日より1484人減りました。

自治体別では、長崎市で579人、佐世保市で282人、諫早市で191人、大村市で135人、長与町で49人、時津町で45人、平戸市で41人、対馬市で40人、雲仙市で39人、南島原市で35人、島原市で30人、五島市で28人、波佐見町で22人、壱岐市、西海市でそれぞれ19人、佐々町で18人、松浦市で12人、川棚町で11人、新上五島町で6人、東彼杵町、小値賀町でそれぞれ1人となっています。

また、県内では感染が確認され療養中だった4人の死亡が発表されました。

内訳は、長崎市在住の70代と80代の男性がそれぞれ1人、佐世保市在住の80代と60代の女性がそれぞれ1人となっています。

県は県内全域に県独自の「特別警戒警報」を発令し、基本的な感染対策の徹底のほか、特に高齢者などについては感染のリスクが高い場所への外出を控えることなどを呼びかけています。