五島市の念仏踊り「チャンココ」 初盆の家などを回る

五島市では、お盆にあわせて「チャンココ」といわれる念仏踊りが、初盆の家などを回っています。

「チャンココ」は、たたいたかねの「チャン」という音と、太鼓のふちをたたいた際に「ココ」と響く音をもとに名付けられたとされていて、古くから五島市で受け継がれています。

新型コロナウイルスの感染拡大により中止した地区もありますが、下大津地区に伝わる「チャンココ」は、初盆を迎えた家庭などに限って、踊り手の人数を減らして行われました。

踊り手の若者たちが、花がさに腰みの姿で舞を披露すると、地域の人や里帰りした人たちは、写真や動画を撮影していました。

初盆で帰省した男性は「久しぶりにチャンココを見ました。迫力があり、本物はすごいなと思いました」と話していました。