佐世保市で36.8度 8か所で猛暑日 熱中症疑いで9人搬送

29日も県内は最高気温が佐世保市や松浦市で36度を超えるなど、猛暑日となりました。

長崎地方気象台によりますと、29日の県内は高気圧に覆われ、各地で朝から気温がぐんぐん上昇しました。

29日日中の最高気温は、佐世保市で36.8度、松浦市で36.2度、長崎市、西海市、それに、南島原市で35.9度、長崎空港で35.7度、長崎市脇岬で35.6度、島原市で35.1度を観測し、県内8か所で猛暑日となりました。

また、県内18か所の観測地点のうち、8か所でこの夏一番の暑さとなりました。

30日の最高気温は佐世保市で33度、長崎市で32度、五島市で31度、対馬市厳原で30度と予想されています。

30日は今のところ県内に熱中症警戒アラートは出されていませんが、注意が必要です。

厳しい暑さで県消防保安室によりますと、午後4時時点で合わせて9人が熱中症の疑いで救急搬送されました。

症状別には中等症が3人、軽症が6人となっています。