島原市や長崎市などで猛暑日 29日も熱中症に厳重警戒を

28日の県内は朝から気温が上昇し、島原市や長崎市、佐世保市などで猛暑日となりました。
県内は29日も熱中症警戒アラートが出され、厳重な警戒が必要です。

長崎地方気象台によりますと、28日の県内は高気圧に覆われ、各地で朝から気温がぐんぐん上昇しました。

28日の最高気温は、島原市で36.6度、南島原市で36.2度、新上五島町で36度ちょうど、長崎市で35.9度、佐世保市と長崎空港で35.1度、長崎市脇岬で35度ちょうどと、県内7か所で猛暑日となるなど、県内18か所の観測地点のうち、12か所でことし一番の暑さを記録しました。

暑さは29日も続く見込みで、29日の最高気温は、長崎市と佐世保市で35度、五島市で33度、対馬市厳原で31度と予想されています。

気象台と環境省は、熱中症の危険性が極めて高くなるととして、29日も県内に熱中症警戒アラートを発表し、熱中症に対するいっそうの対応を求めています。

外出をなるべく避けることや、室内をエアコンなどで涼しくして過ごすこと、運動する場合は、医師や看護師を配置するなどの対策を取ったり、涼しい屋内で行ったりするよう呼びかけています。