23日で長崎大水害から40年 長崎市では慰霊祭など実施

死者・行方不明者が299人にのぼった長崎大水害から23日で40年です。
多くの犠牲者が出た長崎市では慰霊祭が行われるなど犠牲者に祈りがささげられます。

昭和57年7月23日に発生した「長崎大水害」では、長崎市の長浦岳で1時間に153ミリの気象庁の観測史上最大の雨量を観測し、隣接する長与町役場の雨量計では、今も国内で観測史上最大の1時間に187ミリの雨量を観測するなど豪雨となり、土砂災害や河川の氾濫が相次ぎました。

県内では、長崎市を中心に死者・行方不明者は299人にのぼり、このうち、土砂災害による犠牲者は90%近くを占めました。

また、建物被害は、全壊が600棟近く、床上・床下浸水が3万7000件余りにのぼり大きな爪痕を残しました。

長崎大水害をきっかけに猛烈な雨が観測された際に厳重な警戒を呼びかける「記録的短時間大雨情報」が、大水害のよくとしの昭和58年から導入されたほか、土砂災害に対する警戒・避難の呼びかけの取り組みが始まりました。

長崎大水害の発生から40年を迎える23日、多くの犠牲者が出た長崎市では34人が犠牲になった川平町内平地区などで慰霊祭が行われるほか、午前11時には市内全域に追悼のサイレンが鳴らされ、犠牲者に祈りがささげられます。