福江空港に陸自ヘリ着陸 油圧系統の安全確認のためと発表

長崎県五島市の福江島にある福江空港に20日、陸上自衛隊のヘリコプターが着陸したことについて、陸上自衛隊は、「訓練飛行中に油圧系統に関する注意灯が点灯したため、安全確認のため着陸した」と発表しました。

NHKが長崎県五島市の福江島にある福江空港に設置しているカメラの映像では、20日正午すぎ迷彩模様のヘリコプターが滑走路付近で移動している様子や方向転換している様子、ヘリコプターから人が降りて歩いている様子が確認されました。

迷彩模様のヘリコプターは現在も滑走路付近で停止しています。

五島市役所によりますと、20日は福江島で自衛隊がヘリコプターの訓練をするという情報が事前に寄せられていたということです。

陸上自衛隊によりますと、着陸したのは佐賀県の目達原駐屯地に所属するAH64戦闘ヘリコプターで、訓練飛行を行っていたところ、正午ごろに油圧系統に関する注意灯が点灯したため、安全確認のために近くの福江空港に着陸したということです。

自衛隊は、機体の点検をして安全を確認したうえで機体を基地に戻すことにしています。