長崎県 新型コロナ363人感染 先週比77人増

県内では28日あわせて363人が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたと発表されました。

28日県内で発表された新規感染者の数は363人で先週の火曜日と比べて77人増えています。

自治体別では、佐世保市で118人、長崎市で89人、諫早市で54人、大村市で26人、五島市で18人、長与町と時津町でそれぞれ10人、雲仙市で8人、松浦市で7人、島原市で6人、壱岐市と南島原市でそれぞれ4人、西海市と新上五島町でそれぞれ3人、平戸市で2人、佐々町で1人となっています。

新たな感染者の集団=クラスターの発生も相次いでいます。

長崎市では2か所の民間児童福祉施設でそれぞれ関係者9人と5人、放課後児童クラブで関係者5人、市立小学校2校でそれぞれ関係者7人と5人の感染が確認されました。

佐世保市では、児童関係施設で8人、高齢者福祉施設で11人、五島市では、障害福祉サービス事業所で職員と利用者合わせて13人の感染が確認されました。

佐世保市によりますとアメリカ軍佐世保基地では、27日までに新たに7人の感染が確認されました。

県はマスクの着用について熱中症予防の観点から屋外で着用の必要がない場面ではマスクを外すことを推奨するとしています。