画家の松井守男さん死去 五島市久賀島などを活動拠点に

五島市の久賀島とフランスのコルシカ島を活動拠点にしていた、世界的に著名な画家、松井守男さんが東京都内で亡くなりました。
79歳でした。

松井守男さんは愛知県出身で光をテーマにした抽象画で知られ、フランスで最も権威あるレジオン・ドヌール勲章や芸術文化勲章を受けるなど、海外でも高い評価を受けてきました。

松井さんは、フランスのコルシカ島と五島市の久賀島を拠点に制作活動を行っていて、五島市や島原市で時折、子ども向けの絵画教室なども行っていました。

関係者によりますと松井さんは先月30日、東京都内の事務所で虚血性心疾患のため、亡くなったということです。
79歳でした。