お盆の入り チャンココ繰り出す

若者たちが鐘や太鼓を打ち鳴らしながら練り歩く五島市伝統の念仏供養の踊り「チャンココ」が始まり、島にお盆を告げています。

800年以上前から始まったとされる「チャンココ」の語源は、鐘の音の「チャン」と太鼓の縁をたたいて出る音の「ココ」からきたといわれ、県の無形民俗文化財に指定されています。

お盆の入りの13日、早朝から花がさに腰みのという独特のいでたちの若者たちが、鐘とはやしにあわせて太鼓をたたきながら初盆を迎えた家や商店などを回って伝統の踊りを披露していました。

途中、五島藩の居城があった福江城跡でも踊り手たちは城門の前で汗びっしょりになりながら踊り、帰省客や観光客らが写真を撮るなどしていました。

五島市では「チャンココ」のほか「オーモンデー」や「オニオンデ」などと呼ばれる先祖の霊を供養するお盆の念仏供養の踊りが受け継がれていて、かん高い鐘と太鼓の音は五島のお盆の風物詩になっています。