長野県 子育て支援基金や地震復旧など補正予算案まとめる

長野県は、子育て支援に継続して取り組むための財源として、基金に100億円を積み立てるほか、能登半島地震で被害を受けたきのこの生産施設などの復旧を補助する費用などを盛り込んだ補正予算案をまとめました。

長野県は、開会中の定例県議会に提出する補正予算案をまとめました。
それによりますと、子どもの保育料の軽減や通院にかかる医療費の助成など、子育て世帯の負担軽減策に継続して取り組むための財源として、子育て支援を目的とした基金に100億円を積み立てることにしています。
財源については、当初の見込みより増加した税収分をあてるということです。
また、能登半島地震で被害を受けたきのこの生産施設などの復旧を補助する費用として6400万円を計上しています。
このほか、去年12月に白馬村で起きた土砂災害に関連し、現場の安全確保や今後の被害防止のための工事費用に、3億5000万円余りを計上しています。
県の補正予算案は、開会中の県議会に提出されます。