長野 小学校教員が車上荒らしの被害 児童名やテスト結果盗難

長野市の小学校に勤務する教員の車が車上荒らしの被害に遭い、担当するクラスの児童、29人分の名前やテストの点数が書かれた一覧表が盗まれたことがわかりました。

長野市教育委員会によりますと、13日朝、市内の小学校に勤務する教員が自家用車に乗ろうとした際、ガラスが割られ、車内に置いていたスケジュール帳などがなくなっていることに気がついたということです。
スケジュール帳には、担当するクラスの児童、29人分の名前やテストの点数が書かれた一覧表を挟んでいたということです。
市教育委員会は、個人情報に関する書類を校外に持ち出すことを原則、禁止しています。
このため、教員が勤務する学校は、13日、保護者に対して謝罪したということです。
これまでに一覧表が盗まれたことによる被害は確認されていませんが、市教育委員会は「情報管理を徹底する」としています。