100%再生可能エネルギー使用 県内初のタクシー運行 飯田

再生可能エネルギーの普及につなげようと、県内では初めてとなる100パーセント再生可能エネルギーを使用する乗り合いタクシーが、飯田市で運行を始めました。

この取り組みを始めたのは、いずれも飯田市に本社があるタクシー会社と太陽光パネルの設置業者、それに電力の小売業者です。
19日は飯田市の商工会館で調印式が行われ、3者の代表が協定書に署名しました。
協定によりますと、タクシー会社が運行する市内4つの路線の乗り合いタクシーを電気自動車にしたうえで、その電力をすべて再生可能エネルギーで賄うということです。
具体的には、タクシー会社の本社にある太陽光パネルで発電した電力などを使用します。
県タクシー協会によりますと、100パーセント再生可能エネルギーを使った乗り合いタクシーは、県内では初めてだということで、飯田市では早速運行が始まりました。
タクシー会社の鈴木佳史社長は「脱炭素化への取り組みは私たちだけではできず、こうした取り組みを通じて、脱炭素化に対する関心を持った人や企業が増えることに期待している」と話していました。