「Suica」 再来年春ごろから新たに23駅で利用可能に

JR東日本は、交通系ICカードの「Suica」が再来年の春ごろから、篠ノ井線や大糸線などの県内の23駅で新たに利用できるようになると発表しました。

これは、JR東日本長野支社が20日会見を開いて明らかにしました。
それによりますと再来年の春ごろから、篠ノ井線の田沢駅から信越本線の長野駅の13駅と大糸線の北松本駅から穂高駅の10駅で、「Suica」が新たに利用できるようになるということです。
これらの駅について、今後、ICカードに対応した改札機を設置するなど、整備を進めていくとしています。
現在、「Suica」を県内で利用できるのは、篠ノ井線の松本駅から中央本線の信濃境駅と小海線の野辺山駅、それに新幹線が停車する5つの駅のあわせて21駅です。
JR東日本は、少子高齢化が進むなか、利便性を高めて利用客を増やすことで、公共交通の維持と地域の活性化につなげたい考えです。
JR東日本長野支社の松橋賢一支社長は「交通の利便性が高まることで駅周辺にも人が集まり、街ににぎわいが出ることを期待している」と語りました。