同居の10代息子の顔を殴ったか 傷害容疑で父親逮捕 松本

同居の10代息子の顔を殴ったか 傷害容疑で父親逮捕 松本

19日夕方、松本市の自宅で同居する10代後半の息子の顔を殴ってけがをさせたとして、59歳の父親が傷害の疑いで逮捕されました。
父親は警察に調べに対し、容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは松本市に住む自営業で、59歳の父親です。
警察によりますと、父親は、19日午後6時40分ごろ、松本市の自宅で同居する10代後半の息子の顔を殴って打撲するけがを負わせたとして、傷害の疑いがもたれています。
事件の直後、息子本人から警察に通報があり、駆けつけた警察官が父親をその場で逮捕しました。
父親は警察に調べに対し、容疑を否認しているということで警察は2人から話を聞くなどして事件の詳しいいきさつを調べています。