市販のサラダに混入の異物はカエル 上田の商業施設で販売

今月11日、上田市の商業施設で販売されたサラダにカエルが混入していたという訴えを受けて、製造した会社が調べたところ、混入していたのはニホンアマガエルだったことが分かりました。

今月11日、上田市の商業施設「アリオ上田」でサラダを購入した女性客1人から店に対し、カエルが混入していたという訴えがありました。
サラダを製造した「デイリーはやしや」が専門の会社に依頼して調査したところ、混入していたのはニホンアマガエルだったことが分かりました。
ニホンアマガエルは、サラダの材料のサニーレタスに付着していたと見られていますが、「デイリーはやしや」は、サニーレタスを殺菌処理していたことから、病気などのおそれはないとしています。
「デイリーはやしや」は、「今回の事態を重く受け止め、再発防止に取り組む」としていて、材料を洗う人員や異物を調べる回数を増やすなどの対策を行っているということです。
被害を訴えた女性は「あの日以来、恐怖心から野菜を食べられなくなりました。事態を真剣に受け止めて同じような被害が出ないようにしてもらいたい」と話していました。
製造工場がある松本市の保健所は、工場の立ち入り検査を行い、異物が混入した原因や混入経路などを調べています。