長野県内の地価 住宅地は26年ぶり上昇 白馬 軽井沢に人気

県内のことし1月時点の土地の価格は、住宅地の平均が26年ぶりに上昇しました。
別荘需要の高い白馬村や都心とのアクセスがいい軽井沢町などで富裕層を中心に根強い人気があり、価格を押し上げています。

「地価公示」は国土交通省が調査した1月1日時点の土地の価格で、県内では43市町村の332地点が対象です。
用途別にみると住宅地では210地点のうち、92地点で地価が上昇し、県全体の平均は去年に比べてプラス0.1%で平成9年以来、26年ぶりの上昇となりました。
このうち、軽井沢町の旧軽井沢別荘地は、7年ぶりに県内で最も地価が高くなり、去年に比べて1万4000円上がって1平方メートルあたり13万3000円でした。
新幹線の駅がある軽井沢町ではコロナ禍でリモートワークが普及したことなどから移住者も増えているということです。
また、上昇率が最も高かったのは、5年連続で白馬村のみそら野別荘地でプラス12.7%でした。
国内の富裕層を中心に別荘地としての人気が続いているということです。
一方、商業地の県全体の平均はマイナス0.5%と31年連続の下落となりましたが、縮小率は去年よりも小さくなりアフターコロナを見据え少しずつ経済活動が再開していることなどが影響しているとみられています。
地価が最も高かったのは、11年連続でJR長野駅善光寺口前にある商業ビルで、1平方メートルあたり35万3000円でした。
上昇率が最も高かったのは、4年連続で白馬村北城のホテルや飲食店が建ち並ぶ場所でプラス6.2%でした。
調査をまとめた不動産鑑定士の大井邦弘さんは、今後の見通しについて、「商業地の地価の平均は、アフターコロナを見据え少しずつ上昇すると予想されるが、住宅地は木材価格の高騰による建設費用の上昇や金利政策の影響を受ける可能性がある」と話しています。

【佐久市 住宅地の地価 25年ぶり上昇】
人口およそ9万8000の長野県佐久市は、住宅地の地価の平均が去年に比べてプラス0.1%と25年ぶりに上昇に転じました。
26年前の北陸新幹線の開業に合わせて設置された佐久平駅周辺には歩いて10分ほどの場所にホームセンターや大型ショッピングセンターなどが次々とオープンし、今月完成する予定のマンションも販売を始めた日に完売しました。
東京から新幹線でおよそ1時間という利便性のよさに加え、コロナ禍でリモートワークが普及したことも後押しとなり、駅周辺では子育て世帯を中心に移住する人が増えていて、人口は12年連続で転入者が転出者を上回っています。
また、駅から最も近い小学校では開校した8年前に比べて児童数がおよそ1.5倍の820人余りまで増えたということです。
子育て中の女性は、「空気もきれいで都心にも近いので気に入っています」とか、「公園が多いので子育てをするには、いい環境です」などと話していました。
地元の土地区画整理組合の佐藤弘毅さんは、駅を中心にした暮らしやすい街づくりを進めたことが活性化につながったと振り返ります。
佐藤さんは、「新幹線の開業をきっかけに一面田んぼだった風景が大きく変わった。大きな災害が少なく、医療機関も多いので人気が高いのではないか」と話していました。