新型コロナ 長野県 3人死亡1109人感染確認

県内で新型コロナウイルスの感染者3人の死亡が明らかになりました。
また、新たに1109人の感染が確認され、3日ぶりに前の週の同じ曜日を下回りました。

長野市によりますと、死亡が明らかになったのは70代から90代のあわせて3人で、いずれも基礎疾患があったということです。
県内で死亡した感染者は累計で347人になりました。
また、県と長野市、松本市によりますと、県内で新たに1109人の感染が確認されました。
先週の水曜日より95人少なくなり、前の週の同じ曜日を3日ぶりに下回りました。
新たな集団感染は、5か所の高齢者施設で確認されました。
これで県内の感染者数は、累計で20万6609人となりました。
27日夜の全県の病床使用率は20.5%で、地域別では、東信が32.1%、中信が31.5%、南信が18.5%、北信が14.7%です。
重症者用病床の使用率は2.3%です。
長野県は、これまで市町村別の人数や症状別の人数を発表してきましたが、全国一律で新型コロナウイルスの感染者の全数把握の見直しが始まったことを受け、27日からこれまでのような発表は、行わなくなっています。