塩尻市長選 百瀬敬氏が初当選

任期満了に伴う塩尻市長選挙は25日投票が行われ、新人で前の塩尻市産業振興事業部長の百瀬敬氏が初めての当選を果たしました。

塩尻市長選挙の開票結果です。
百瀬敬 無所属・新 当選 1万3382票
平間正治 無所属・新 9870票
金子勝寿 無所属・新 4217票

5期務めた現職が引退を表明し、新人3人の争いとなった選挙戦は、百瀬氏がいずれも元塩尻市議会議員の平間氏と金子氏を抑えて初めての当選を果たしました。
百瀬氏は52歳。
塩尻市の産業政策課長や産業振興事業部長を経て初めて、市長選挙に立候補しました。
選挙戦で百瀬氏は2歳児までの保育料を無償化するなどの子育て支援、高齢者の生活支援などを行うコーディネーターの配置、企業誘致による産業振興や雇用の確保などを掲げて支持を広げました。
百瀬氏は「市民の声に耳を傾けることが望まれている。市民が健康で生き生きと暮らせるように、未来を展望できる塩尻市を作っていきたい」と述べました。
今回の投票率は50.56パーセントで前回、4年前と比べて4.3ポイント高くなりました。