新型コロナ 長野県内で新たに891人感染確認

県内で新たに891人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、前の週の同じ曜日を32日連続で下回りました。
また、医療機関などで療養している人が7月16日以来、5000人を下回りました。

県と長野市、松本市によりますと県内で新たに新型コロナの感染が確認されたのは、「みなし陽性」の人も含めて891人です。
先週の日曜日より35人少なく前の週の同じ曜日を32日連続で下回りました。
症状別では重症や中等症の人はおらず、いずれも軽症か症状がないということです。
市町村別では、長野市が162人松本市が160人飯田市が60人などとなっています。
新たな集団感染は確認されませんでした。
これで県内の感染者数は累計で20万4199人となりました。
24日夜の全県の病床使用率は24.5%で地域別では東信が35.7%中信が35.1%北信が23.8%南信が18.5%です。
重症者用病床の使用率は4.7%です。
自宅や医療機関、宿泊施設で療養している人は4859人で、県によりますと5000人を下回るのは、7月16日以来だということです。
新たな感染者の市町村別の人数、まず、中信地域と北信地域です。
長野市が162人、松本市が160人、安曇野市と塩尻市で30人を超えています。
続いて東信地域と南信地域です。
飯田市が60人、上田市が45人、伊那市、岡谷市、それに佐久市で30人を超えています。