「全数把握見直し」報告対象外の相談は健康観察センターなど

新型コロナウイルスの感染者の全数把握の見直しが、来週26日から全国一律で始まります。
県は、詳しい報告の対象外で、重症化リスクの低い自宅療養者などからの相談には、すでに設置している「健康観察センター」や最寄りの診療機関などが応じることで、体調の急な変化にも対応していくとしています。

来週26日からの感染者の全数把握の見直しでは、これまで医療機関に求めていたすべての新型コロナ感染者の詳しい報告について、65歳以上や入院が必要な人など重症化リスクの高い人に限定した運用が始まります。
これを踏まえ県は、詳しい報告の対象外となる、重症化リスクの低い自宅療養者などからの相談には、すでに設置している「健康観察センター」や、最寄りの診療機関などが応じることで、体調の急な変化にも対応していくとしています。
「健康観察センター」は、午前8時半から午後8時まで、それ以外の時間帯は、保健所や受診・相談センターが対応するとしています。
記者会見した阿部知事は「これまでは患者と保健所や県とがかなり関わっていたが、今後はほかの病気と同じように、基本的には医療機関と患者の対応が中心になるので、ご理解を頂きたい」と述べました。

新型コロナウイルスの感染者の全数把握の見直しに伴って、県は、詳しい報告の対象外となった患者の住所が把握できなくなるとして、来週27日以降、これまで行ってきた市町村ごとの新規感染者数の公表を取りやめるとしています。