八ヶ岳連峰赤岳 愛知の男性が登山道で倒れ死亡 病死か

八ヶ岳連峰赤岳 愛知の男性が登山道で倒れ死亡 病死か

八ヶ岳連峰赤岳で64歳の男性が倒れているのを登山者が見つけ、警察などに救助されましたが、その後死亡が確認されました。

14日午前10時半ごろ、八ヶ岳連峰赤岳の標高およそ2160メートルの登山道で男性が倒れているのを登山者が見つけ、山小屋を通じて警察に通報しました。
倒れていたのは愛知県春日井市の64歳の男性で、警察の山岳遭難救助隊員などが午後5時すぎに救助しましたが、男性は心肺停止の状態で、その後、死亡が確認されました。
警察によりますと、男性は1人で赤岳を訪れていたとみられ、目立った外傷はなく、病死だったということです。