台風8号 長野県 13日最接近の見込み 14日にかけ大雨

台風8号は13日の昼前から夕方にかけて長野県に最も接近する見込みです。
県内では、14日にかけて大雨になるところがある見込みで、気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、台風8号は午後6時には紀伊半島の南およそ280キロにあって、中心の気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで暴風域はありませんが、中心の南東側330キロ以内と北西側165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
台風はゆっくりとした速さで北北東へ進んでいて、13日の昼前から夕方にかけて長野県に最も接近する見込みです。
台風の接近に伴い県内には台風周辺の暖かく湿った空気が入り込んでいて、雨の降っているところがあります。
県内の一部に局地的に発達した雨雲がかかり午後2時までの1時間には、南木曽町で20.5ミリの強い雨が降りました。
13日は、台風本体の雨雲も加わって、雷を伴った激しい雨が降るところがあり、気象台によりますと雨雲が予想以上に発達した場合、14日にかけて中部と南部では警報級の大雨となる可能性があります。
13日予想される1時間に降る雨の量はいずれも多いところで中部と南部で40ミリ、北部で30ミリとなっています。
13日夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで南部で120ミリ、中部で80ミリ、北部で50ミリ、さらに14日夕方までの24時間には、いずれも多いところで中部と南部で50ミリから100ミリ、北部でおよそ50ミリの雨が降る見込みです。
13日、県内全域で予想される最大風速は10メートル、最大瞬間風速は20メートルとなっています。
気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意するとともに、落雷や突風にも注意するよう呼びかけています。
また、ひょうが降るおそれもあることから、農作物や農業施設の管理にも注意してください。