台風8号 長野県 13日に最接近か 警報級の大雨の可能性

台風8号は、13日の昼前から夕方にかけて長野県に最も接近する見込みです。
中部と南部では、13日は、警報級の大雨となる可能性があり、気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、12日午前発生した台風8号は午前9時には中心の気圧は1004ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで暴風域はありませんが、中心の南東側330キロ以内と北西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
台風はゆっくりとした速さで北へ進んでいて、長野県には13日の昼前から夕方にかけて最も接近する見込みです。
中部と南部では台風やその周辺にある暖かく湿った空気の影響で、警報級の大雨となる可能性があります。
台風は比較的コンパクトなサイズのため接近すると雨や風が急に強まることが予想され、13日予想される1時間に降る雨の量はいずれも多いところで中部と南部で30ミリ、北部で20ミリとなっています。
13日昼までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで南部で100ミリ、中部で50ミリ、北部で20ミリ、さらに14日昼までの24時間には、いずれも多いところで中部と南部で50ミリから100ミリ、北部でおよそ50ミリの雨が降る見込みです。
13日、県内全域で予想される最大風速は10メートル、最大瞬間風速は20メートルとなっています。
気象台は、中部と南部では、13日、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意するよう呼びかけています。
また、南北に開けた谷筋や盆地を中心に果樹の落下などの被害のおそれもあり、気象台は農作物の管理にも留意するよう呼びかけています。