長野県 新型コロナ 新たに2387人感染確認

県内で、新たに2387人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、22日連続で前の週の同じ曜日を上回りました。

県と長野市、松本市によりますと、県内で新たに感染が確認されたのは、「みなし陽性」の人も含めて2387人で、先週の水曜日よりも37人増えました。
前の週の同じ曜日を上回るのは22日連続です。
感染者を症状別にみると、7人が中等症でそのほかは軽症か症状がないということです。
市町村別では、長野市が514人、松本市が265人、上田市が176人などとなっています。
新たな集団感染は、医療機関や高齢者施設など10か所で確認されました。
これで県内の感染者数の累計は12万5325人となりました。
9日夜の全県の病床使用率は4日連続の50%台となる59%で、ことしに入ってからは最も高く、過去最高まで3ポイント余りに迫っています。
地域別では東信が81.5%、北信が67.1%、南信が66.9%、中信が51.4%で、重症者用病床に入院している患者はいません。
自宅や宿泊施設、医療機関で療養している人は、1万9277人となりました。