長野県知事選 4回目当選の阿部守一氏に当選証書

今月7日に投票が行われた長野県知事選挙で4回目の当選を果たした阿部守一氏に10日県の選挙管理委員会から当選証書が手渡されました。

任期満了に伴う長野県知事選挙は、今月7日に投票が行われ、現職の阿部守一氏が61万票余りを獲得して4回目の当選を果たしました。
10日は県庁で当選証書の付与式が行われ、県選挙管理委員会の北島靖生委員長が「今後の県政発展のためにますますの活躍を期待します」と声をかけると、阿部氏は「しっかり頑張ります」と応えていました。
このあと阿部氏は北島委員長から当選証書を受け取りました。
阿部氏は報道陣に対し、「選挙中も直面する危機をしっかり乗り越えたいと県民に訴えてきたので、コロナ対策、物価高騰対策、災害対策などの課題に正面から向き合っていきたい」と述べました。
その上で、「若い世代や女性が希望をもって活躍できる社会にすると共に、年をとっても安心して暮らせる環境を作る」と抱負を語りました。
阿部氏の4期目の任期は来月1日から始まります。