「電子図書館」サービス始まる 長野県と77市町村が協力

障害などを理由に図書館に通いづらい人たちにも気軽に読書を楽しんでもらおうと、県と77の市町村が協力してオンラインで書籍を貸し出す「電子図書館」が5日からサービスを始めました。

5日は、県立長野図書館でオープニングセレモニーが開かれ、77市町村の図書館長などがリモートで参加しました。
この中で、県教育委員会の内堀繁利教育長は「デジタルを活用して図書館がますます地域住民に必要とされる場になることを願っています」とあいさつしました。
電子図書館は、障害や仕事の都合などで図書館に通いづらい人たちや、スマートフォンに慣れた若い人たちにも気軽に読書を楽しんでもらおうと設けられました。
一度に最大2冊を1週間借りられるほか、500冊ほどの専門書も閲覧できます。
利用できるのは、県内に住んでいるか、通勤や通学をしている人たちで、最寄りの公立図書館の窓口や県の電子申請サイトから申し込めます。
県教育委員会によりますと、書籍の購入費用2800万円のうち2000万円は市町村が負担していて、電子図書館の運営を県と市町村が協働で行うのは全国で初めてだということです。
県立長野図書館の森いづみ館長は「災害や新型コロナで休館を余儀なくされる図書館が相次ぐ状況をなんとかしたかった。忙しい現役世代や図書館に来づらかった方にもぜひ利用してほしい」と話していました。