三陸鉄道 東北銀行イメージキャラクターのラッピング列車運行

三陸鉄道は、ことし4月に開業40年となったことを記念して東北銀行のイメージキャラクターがラッピングされた列車を8日から運行することになり、7日、宮古駅でセレモニーが行われました。

開業40年を記念して三陸鉄道と東北銀行はさまざまな企画を共同で行っていますが、8日からは銀行のイメージキャラクター「キキ&ララ」がラッピングされた車両を運行します。

7日、宮古駅で行われた出発セレモニーで、東北銀行の佐藤健志頭取が「今回の企画が沿岸地域の絆を深め地域の魅力の発信やにぎわいにつながってほしい」などと挨拶しました。

この後、三陸鉄道の石川義晃社長や宮古市の山本正徳市長などがテープカットを行ったのち、列車の先頭に取りつけるヘッドマークが披露されました。

列車には、「浄土ヶ浜」や「ひょうたん島」など沿岸各地の名所などとともにキャラクターがデザインされています。

列車を見た宮古市の女性は「とにかくかわいいくて早く乗りたいですがまずは外から見ていたいです」と話していました。

この列車は8日から12月29日まで毎週、土曜日と日曜日に久慈駅と大船渡市の盛駅の間を運行する予定です。