7月電気料金 過去最高水準に 政府の補助金終了で 東北電力

東北電力はことし7月に請求する電気料金について、政府が物価高騰の対策として続けてきた補助金がいったん終了することから、使用量が平均的な家庭でこれまでで最も高い水準になると発表しました。

東北電力は30日、ことし7月に請求する電気料金を発表しました。

それによりますと家庭向けのおよそ8割が契約する「規制料金」というプランは使用量が平均的な家庭で、6月分より419円値上がりして8855円となります。

これは政府が物価高騰対策として続けてきた電気料金への補助金が6月請求分でいったん終了することが主な要因です。

東北電力の電気料金は今回の政府の補助金が始まる前の水準を上回り、燃料価格の変動を反映する今の制度が始まった1996年以降、最も高い水準だということです。

8月以降の電気料金について東北電力は「燃料の調達価格は、為替の変動や中東情勢などの影響を受けるためわからない」としています。