NYタイムズが選ぶ「今年行くべき世界の旅行先」2位に盛岡市

アメリカの有力紙が選ぶ「ことし行くべき52か所の旅行先」で、盛岡市が2位に選ばれました。
「混雑を避けて歩いて楽しめる美しい場所」として紹介され、海外からの注目が高まることが期待されます。

アメリカの有力紙ニューヨーク・タイムズは毎年、世界中の記者などの情報をもとにその年に行くべき旅行先として世界各地の都市や地域を紹介しています。

12日、「2023年に行くべき52か所」が発表され、1位のロンドンに次いで2位に盛岡市が選ばれました。

ニューヨークタイムズのホームページには、秋の紅葉の時期に盛岡城跡公園で撮影したと見られる動画とともに盛岡市は「東京から新幹線で短時間で行ける距離にあり、人混みを避けて歩いて楽しめる美しい場所」などと紹介されています。

そして街の魅力として、東西の建築の美学が融合した大正時代の建物が残されていることや現代的なホテルや古い旅館があること。

公園になっている城跡や複数の川がまちを流れていることをあげています。

また市内のコーヒーショップやわんこそばの店、40年以上続くジャズ喫茶などのほか、車で1時間ほどで素晴らしい温泉が楽しめることも魅力として紹介していて、今回の発表で海外からの注目がさらに高まることが期待されます。

「ことし行くべき52か所の旅行先」には、日本からは盛岡市のほか19位に福岡市が選ばれています。