小学校のスクールバスに児童 一時取り残される 一関市

一関市で今月2日、小学校のスクールバスに1年生の児童が一時、取り残されていたことが分かりました。
運転手が送迎後に車内の確認を怠ったためで、児童がクラクションを鳴らして知らせ、無事だったということです。

一関市教育委員会によりますと、今月2日の午後3時半ごろ、市内の公立小学校から下校する児童を送るスクールバスで、運転手が1年生の男の子が車内で眠っているのに気付かないまま送迎を終え、バスに鍵をかけました。

この際、児童が目を覚まして運転席のクラクションを鳴らしたため、運転手が気付き、その後、バスで送り届けたということです。

児童に体調の不調などはありませんでした。

児童は保護者から、車内に取り残された際はクラクションを鳴らすよう教えられていたということです。

バスは発車した際、児童5人が乗っていましたが、運転手は取り残された児童が乗り込んだのに気付かず、4人しかいないと思い込んでいたということです。

一関市は、福岡県や静岡県で送迎バスに子どもが取り残され死亡した事件が相次いだことを受けて、スクールバスの運転を委託している会社に対し、送迎後は後部座席まで移動して残っている児童がいないか確認するよう求めていましたが、運転手は確認を怠っていたということです。

これを受けて一関市は市内で送迎バスを運行するすべての会社に対し、改めて確認を徹底するよう通知しました。

一関市教育委員会の小菅正晴教育長は「多くの児童や保護者、市民に多大な不安を与え、誠に申し訳ございません。今回の事案を危機感をもって重大にとらえ、今後、経過と原因を分析、検討し、同じ過ちが二度と発生しないよう信頼回復に努めます」と述べました。