時刻表をデザイン「さんてつ時刻表パーカー」お披露目

三陸鉄道に親しんでもらおうと、列車の時刻表をデザインしたパーカーが作られ、31日、お披露目されました。

お披露目されたのは、三陸鉄道と久慈市のアパレル業「プランタンいずみ」が共同製作した「さんてつ時刻表パーカー」です。

プリントされているのは三陸鉄道久慈駅の出発列車の番号と出発時刻で、始発と最終列車の時刻は赤色となっています。

31日のお披露目会見では、デザインを担当した会社の代表で元お笑いコンビ「ザブングル」の松尾陽介さんも出席し「想像以上のものが出来上がってよかったです。これで久慈市や三陸鉄道、岩手県が盛り上がってくれればうれしい」と話しました。

また、三陸鉄道の石川義晃代表取締役社長は「パーカーによって三陸鉄道への関心の高さにつながっていけばと思う」と期待を込めていました。

パーカーの企画・製造を行ったプランタンいずみの寿松木亨代表取締役社長は「職人のこだわりが詰まったよい商品だと思います。皆さんにぜひ着ていただきたいです」と話していました。

この「さんてつ時刻表パーカー」は今月6日から三陸鉄道の直営店「さんてつや」や、オンラインショップで販売される予定です。

また、今後は久慈市のふるさと納税の返礼品としても採用されるということです。