全国旅行支援 県内でも11日から旅行代金の割り引き開始

政府が行う観光需要の新たな喚起策「全国旅行支援」について、岩手県は期間初日の今月11日から県内でも旅行代金の割り引きを始めることにしています。

政府の「全国旅行支援」は、県内での旅行を促す「いわて旅応援プロジェクト」など各地の「県民割」に代わって、対象を全国に拡大して導入するもので、実施の時期などは都道府県が判断します。

これについて、岩手県は、制度がスタートする11日から県内でも旅行代金の割り引きを始めることにしています。

期間はことし12月20日の宿泊分までで、予約は今月11日から受け付けるということです。

これまでの「いわて旅応援プロジェクト」では、東北と北海道の人に限って1人あたり最大で5000円が割り引かれていましたが、新しい制度では割り引きの対象が全国に拡大され、割り引きの額も電車や飛行機など交通機関の利用とセットになった旅行は1人1泊あたり最大で8000円。
それ以外の宿泊や日帰り旅行は、1人1泊あたり最大5000円となります。

また、土産物店や飲食店などで利用できるクーポン券が、平日は3000円分、休日は1000円分発行されます。

ただ、利用にはこれまでと同様、3回のワクチンの接種か、PCR検査などの陰性の証明が必要となります。