大雨 交通機関への影響(17:50)

大雨による県内の公共交通機関への影響です。

【鉄道】
鉄道です。
JR東日本によりますと、花輪線は全線で終日運転を見合わせ、山田線は上米内駅と宮古駅の間の上下線で、また、八戸線は県内を走る列車で終日運転を見合わせます。

一方、秋田新幹線は盛岡駅と秋田駅の間で運転を見合わせていましたが、上りは午後2時ごろから、下りは午後3時ごろから運転を再開しました。

また、在来線では、釜石線は正午ごろから、大船渡線は午後2時ごろから運転を再開しました。

三陸鉄道は久慈駅と宮古駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、下りは午後4時半ごろに、上りは午後5時半ごろに運転を再開しました。

第三セクターのIGRいわて銀河鉄道は、全線で運転を見合わせています。

このうち、いわて沼宮内駅と青森県の八戸駅の間は、線路の冠水と土砂流出のため終日運休しますが、盛岡駅といわて沼宮内駅の間は、運転再開に向けて点検を行っているということです。

JRは4日についても、花輪線は全線で終日運転を見合わせ、山田線は上米内駅と宮古駅の間の上下線で始発から午後6時ごろまで、また、八戸線も鮫駅から久慈駅の間の上下線で、始発から正午ごろまで運転を見合わせることを決めています。

各交通機関は、最新の情報についてはホームページなどで確認するよう呼びかけています。