JR東日本 地方路線の収支 岩手県6路線10区間すべて赤字

赤字が続く地方鉄道の今後のあり方が課題となる中、JR東日本は地方路線のうち、利用者が特に少ない66の区間について収支の状況を初めて公表しました。
岩手県内の6路線10区間ですべて赤字になっていてJR東日本はバス路線への転換なども含め沿線の自治体と協議を進めたいとしています。

JR東日本は人口減少に加えて新型コロナの影響で地方鉄道の利用者が減少する中、「線区」と呼ばれる区間ごとの収支の状況を初めて公表しました。

一日に平均何人を運んだかを示す「輸送密度」が2000人未満の利用者が特に少ない、35の路線、66区間が対象となりました。

収支は新型コロナの感染拡大前の2019年度と、2020年度の2年分が公表され、いずれもすべての区間で赤字でした。

県内を走るJRで公表された線区ごとの赤字額は新型コロナの感染拡大前の2019年度で、
「大船渡線」の岩手県の一ノ関と宮城県の気仙沼の間は15億7500万円。

「釜石線」の岩手県の花巻と遠野の間は12億700万円。
岩手県の遠野と釜石の間は12億6900万円。

「北上線」の岩手県の北上と「ほっとゆだ」の間は10億8700万円。
岩手県の「ほっとゆだ」と秋田県の横手の間は5億9700万円。

「八戸線」の岩手県の久慈と青森県の鮫の間は14億6000万円。

「花輪線」の岩手県の好摩と荒屋新町の間は8億5500万円岩手県の荒屋新町と秋田県の鹿角花輪の間は7億4900万円。

「山田線」の岩手県の盛岡と上米内の間は1億9200万円。
上米内と宮古の間は18億9500万円です。

地方鉄道をめぐっては今月25日、国土交通省の検討会が「輸送密度」が1000人未満の区間などを対象に、バス路線などへの転換も含め、協議を進めるべきとする提言をまとめています。

JR東日本は区間ごとの赤字の状況を明らかにすることで今後の地方鉄道のあり方についての沿線自治体などとの議論につなげたい考えです。