半導体不足の影響 トヨタ岩手工場が来月一部の稼働停止へ

トヨタ自動車は世界的に続く半導体不足などの影響で、来月、金ケ崎町にある岩手工場を含む国内6つの工場の一部の生産ラインを停止すると発表しました。

トヨタ自動車は世界的に続く半導体不足などの影響で、来月、岩手県や愛知県にある国内6つの工場の生産ラインを停止すると発表しました。

このうち岩手県では金ケ崎町にある子会社の「トヨタ自動車東日本」の岩手工場で来月1日から5日間、一部の稼働を停止するということです。

岩手工場では「アクア」などの車種が生産されている1つのラインが停止するということです。

トヨタ自動車は、「できるだけ急な減産を抑えながら、1台でも多くお客様にお届けできるよう、引き続き努力してまいります」とコメントしています。