住田町でナデシコの花見頃に 地元の女性が丹精込めて育てる

住田町で地元の女性が丹精込めて育ててきたナデシコの花が見頃を迎え、畑一面にピンク色のじゅうたんを敷き詰めたような華やかさを誇っています。

住田町上有住の河村ハルノさん(80)が育ててきたナデシコがいま、見頃を迎えています。

ナデシコは、およそ20年前に河村さんが自宅裏の使われなくなった田んぼに20株ほど植えたのがはじまりで、少しずつ広がり、今ではおよそ15アールの畑一面に直径5センチほどのかれんな花が咲き誇っています。

ピンク色のナデシコがじゅうたんを敷き詰めたように華やかに広がり、近所の人たちだけでなく宮古市や盛岡市からも花を見に訪れる人がいるということです。

河村さんは「ナデシコの畑がこんなに広がるとは思っていませんでした。楽しんでもらえるとうれしいので体の続く限り手入れを続けたいです」と話していました。

ナデシコの花は今月末ごろまで楽しめるということです。