“海洋ゴミへの意識を” 三陸鉄道に「ゴルゴ13」登場

人気劇画「ゴルゴ13」と三陸鉄道の異色のコラボレーションによる海洋ごみへの問題意識を高めてもらう取り組みが8日から始まりました。

8日、宮古市にある三陸鉄道・宮古駅ではさいとう・たかをさんの人気劇画「ゴルゴ13」の主人公デューク東郷が鋭い眼光を放ち「ポイ捨てをするな海ごみは街から出ている」と呼びかけるイラストがラッピングされた車両がお披露目されました。

この列車は日本財団と環境省が行っている「春の海ごみゼロウィーク」に合わせて沿岸に住む人々に海洋ごみ問題への意識を高めてもらおうと日本財団が三陸鉄道などと企画しました。

ゴルゴ13とコラボした列車の出発式も行われ、三陸鉄道の石川義晃社長は「ゴルゴ13の作者であるさいとう・たかを先生は岩手に縁のある方で、この列車で多くの人に海洋ごみへの理解を深めてもらいたいです」とあいさつしました。

また宮古駅など4つの駅にはゴルゴ13の身長、182センチの実寸大パネルとともに名ぜりふをパロディした「俺のうしろにごみを捨てるな!」と書かれたゴミ箱も設置されました。

日本財団の海野光行常務理事は「海洋ごみの8割は陸地から出ています。デューク東郷の台詞が海洋ごみを知るきっかけになればと思う」と話していました。

この列車の運行とゴミ箱の設置は来年3月末まで行われる予定です。