岩手山にひとりで登山 女性が遭難 死亡

3日夕方、岩手山を登山中の福井県の女性から「強風で動けなくなった」と消防に通報があり、4日朝から消防や警察が捜索したところ、山頂近くで倒れている女性が見つかり、その後死亡が確認されました。

3日午後5時半ごろ、岩手山に登っていた福井県鯖江市の会社員、清水美幸さん(46)から「山頂近くで強風で動けなくなった」と消防に通報がありました。

消防や警察は、3日は日没のため捜索できず、4日の早朝から捜索にあたったところ、午前10時ごろに山頂付近で倒れている清水さんを見つけたということです。

しかし心肺停止の状態で、その後、死亡が確認されました。

警察によりますと、清水さんは、3日、1人で岩手山に馬返し登山口から入ったとみられるということです。

盛岡地方気象台によりますと、3日、岩手県内は日中、強風注意報が出され岩手山の山頂付近は、風が強く雪が降っていた可能性があるということです。