ことしいちばんの暑さ 15日37度超えも 熱中症厳重警戒

県内では14日、最高気温が美郷町南郷で37.9度に達して猛暑日になるなど、8か所の観測地点でことしいちばんの暑さとなりました。
15日も37度を超える所がある見込みで、こまめな水分補給など熱中症への厳重な警戒を続けてください。

宮崎地方気象台によりますと、県内では暖かい空気に覆われるとともに、晴れて強い日ざしが照りつけ、午前中から気温が上がって各地で猛暑日となりました。

日中の最高気温は美郷町南郷で37.9度、延岡市で36.8度、宮崎市田野で36.3度、西米良村で36.2度に達し、県内に17か所あるアメダスの観測地点のうち8か所でことしいちばんの暑さとなりました。

15日も晴れて各地で気温が上がる見込みで、日中の最高気温は都城市で37度、宮崎市と延岡市で35度、日南市で34度、高千穂町で32度と予想されています。

環境省と気象台は、15日も熱中症の危険性が極めて高まることが予測されるとして「熱中症警戒アラート」を発表しました。

連日、気温の高い状態が続き、熱中症で体調を崩したり亡くなったりするケースが全国で相次いでいます。

熱中症に厳重に警戒し、不要不急の外出は避けて、室内を冷房などで涼しくして過ごすとともに、のどが渇いていなくてもこまめに水分を補給するなど、対策を徹底してください。