千葉の会社員逮捕 県内の少女をわいせつ目的で誘拐した容疑

千葉の会社員逮捕 県内の少女をわいせつ目的で誘拐した容疑

SNSで知り合った県内の10代の少女2人をホテルに連れ込んだとして千葉県の40代の会社員がわいせつ目的の誘拐の疑いで逮捕されました。
警察の調べに対し、「わいせつ目的ではなかった」と容疑を一部否認しているということです。

逮捕されたのは、千葉県柏市の会社員、津村憲一容疑者(40)です。

津村容疑者はきのう午後0時半ごろ、県内に住む10代の少女2人と駐車場で待ち合わせて車に乗せ、ホテルに連れ込んだとして、わいせつ目的の誘拐の疑いがもたれています。

警察によりますと、津村容疑者が被害者2人を車で連れ去る様子を目撃した人から通報があり、現場付近を探していた警察官が2人を乗せて駐車場に戻ってきた津村容疑者を見つけたということです。

津村容疑者と2人は以前からSNS上で交流があり、警察は被害者の話やSNSでのやりとりなどからわいせつ目的だったと判断したということです。

津村容疑者は調べに対し、「わいせつ目的ではなかった」と述べ、容疑を一部否認しているということです。

警察がいきさつや犯行の状況を詳しく調べています。

県警察本部少年課は「SNSで知り合った人をむやみに信用することは誘拐や殺人などの重大な事件に巻き込まれるおそれがあり、大変危険な行為です。被害に遭わないために見ず知らずの相手とは絶対に会わないこと、保護者は子どものスマートフォンに有害なサイトへのアクセスを防ぐフィルタリングを設定するなどの対策をお願いしたい」と呼びかけています。