新型コロナ 新たに406人感染 2人死亡

宮崎県は4日、新たに406人の新型コロナウイルスへの感染と患者2人の死亡を発表しました。
感染者は1週間前の火曜日と比べて15人多く、感染者数が前の週の同じ曜日を上回るのは、この時以来です。

また、4日は患者2人の死亡が発表され、県内の死者は合わせて366人となりました。

保健所の管内別の感染者数は、宮崎市保健所で171人、中央保健所で7人、日南保健所で18人、都城保健所で53人、小林保健所で2人、高鍋保健所で24人、日向保健所で45人、延岡保健所で83人、高千穂保健所で3人となっています。

次に年代別です。
0歳が1人、1歳から4歳が30人、5歳から9歳が30人、10代が55人、20代が56人、30代が46人、40代が72人、50代が49人、60代が26人、70代が17人、80代が18人、90代以上が6人となっています。

3日時点の入院患者は、前日から3人減って65人となり、このうち4人が重症患者です。

病床の使用率は17.6%となっています。