宮崎市の会社 雇用調整助成金 約3000万円を不正受給

宮崎市の機器設置保守会社が、休業したといううその申請書類を提出し、雇用調整助成金およそ3000万円を不正に受け取っていたとして宮崎労働局は事業所を公表しました。

公表されたのは、自動販売機の設置などを行っている宮崎市の機器設置保守会社、「協栄システムサービス」です。

宮崎労働局によりますと、この会社は休業していないにもかかわらず、休業したといううその申請書類を提出し、雇用調整助成金2940万円余りを不正に受け取っていたということです。

雇用調整助成金は、新型コロナの影響で事業主が従業員の雇用を維持した場合に、休業手当などの一部を助成する制度です。

不正に受給されたうち、一部はすでに返還されているということです。