宮崎県 新型コロナ新たに1530人感染 2人死亡

宮崎県内では15日、1530人の新型コロナウイルスへの感染と患者2人の死亡が発表されました。

15日の1530人は、1週間前の今月8日の1663人と比べると133人減っています。

一方、14日までの1週間の感染者数の合計は1万7434人で、前の週を1500人あまり上回り、過去最多となっていて、感染の拡大が続いています。

14日の時点で入院患者は12人増えて172人、重症者は4人、病床使用率は53.6%、自宅療養者は1万9149人です。

また、15日は70代と80代の患者2人の死亡が発表されました。

2人とも基礎疾患があり、ワクチンは70代が3回、80代が2回接種していたということです。

市町村別の感染者数です。
宮崎市が602人、都城市が390人、延岡市が58人、日南市が82人、小林市が42人、日向市が20人、串間市が23人、西都市が33人、えびの市が7人、三股町が62人、高原町が10人、国富町が41人、綾町が19人、高鍋町が36人、新富町が14人、木城町が1人、川南町が34人、都農町が13人、門川町が8人、諸塚村が3人、美郷町が1人、高千穂町が10人、日之影町が6人、県外が15人です。

1週間分の感染者数 8日…1663人、9日…2397人、10日…3298人、11日…2810人、12日…2108人、13日…2148人、14日…3010人、合計1万7434人