宮崎県 新型コロナ 1844人感染 先週火曜日の3.3倍に

県内では、26日、新たに1844人の新型コロナウイルスへの感染と2人の死亡が発表されました。
1週間前の今月19日は、564人で、26日の1844人は、そのおよそ3.3倍に増えています。

26日発表されたうち、103人は、感染者の同居家族などについて検査を省略して、医師の判断で陽性とみなす、「みなし陽性」の患者だということです。

25日の時点で、入院患者は10人減って105人。

病床使用率は34.3%、重症者は1人です。

自宅療養者は9872人となっています。

また26日は、50代と90代の患者2人の死亡が発表されました。

いずれも基礎疾患があり、このうち50代の患者は、自宅療養中に容態が急変し、病院に緊急搬送されたものの、亡くなったということです。

市町村別の感染者数です。
▼宮崎市が904人、▼都城市が198人、▼延岡市が216人、▼日南市が99人、▼小林市が45人、▼日向市が85人、▼串間市が22人、▼西都市が27人、▼えびの市が16人、▼三股町が26人、▼高原町が26人、▼国富町が17人、▼綾町が4人、▼高鍋町が22人、▼新富町が29人、▼西米良村が3人、▼木城町が6人、▼川南町が10人、▼都農町が26人、▼門川町が29人、▼諸塚村が1人、▼椎葉村が3人、▼美郷町が2人、▼高千穂町が9人、▼日之影町が1人、▼五ヶ瀬町が1人、▼県外が17人となっています。