宮崎市が緊急会見「受診者が急増し診察受けるまでに時間も」

21日は宮崎市も緊急の会見を開き、医療機関を受診する人が急増し、症状が出てから診察を受けるまでに時間がかかるケースも出てきていることを明らかにしました。

それによりますと症状が出た人が次々に訪れることで、市内のクリニックなどの負担が増していて、特に子どもの感染が多いことから小児科の負担が重くなっています。

この結果、症状が出てから医師の診察を受けるまでに時間がかかるケースも出てきているということで、市は医療機関に対し、改めて症状がある人の外来受け付けや、PCR検査などの対応を行うよう求めました。

またかかりつけ医や陽性を確認した医療機関には、患者に対する適切な診療と症状に応じた治療薬の処方を行うよう要請しました。

一方、保健所業務については、宮崎市ではPCR検査の外部委託や人材派遣の活用などの対策を進めていて、今のところはまだひっ迫には至っていないということです。

市の担当者は「各家庭で市販の解熱剤や咳止め薬、それに経口補水液などを備蓄しておくようにしてほしい」と呼びかけました。